よくある手口とは|ギフト券の買取やクレジットカード現金化で、すぐお金を作ろう!

ギフト券の買取やクレジットカード現金化で、すぐお金を作ろう!

よくある手口とは

お札を手にする女性

実際に悪徳業者はどんなことをしてくるのか?
クレジットカード現金化をおこなう人は、悪徳業者によるトラブルの例もここで知っておいてほしいと思います。

まずあなたが悪徳業者に関わってしまうと、クレジットカードの情報が抜き取られてしまう可能性があるでしょう。
たとえばクレジットカード現金化をするときには、業者に対して身分証明を見せることになります。
そしてそのついでにあなたのクレジットカード情報も求めてくる場合がありますが、クレジットカード情報はけして伝えてはいけません。
クレジットカード現金化をおこなうときには身分証明以外に提出するものがありませんので、もしも求めてくるようなことがあればすぐに退散することをおすすめします。

クレジットカードというものはクレジットカード番号に加えて、あなたの名前や有効期限の情報さえあれば誰でもカードが使えるようになってしまいます。
つまりクレジットカード会社以外の第三者があなたのカード情報を知ることはアウトです。

そして悪徳業者によっては振り込め詐欺をおこなうケースがあります。
以前よりも高い換金率でサービスを提供するといい、その際に業者は「換金率の引き上げをおこなおうとしたら審査に通らなかった」といってきます。
さらに「違う口座に振り込めば高い換金率で現金化ができる」とあなたに振り込みを要求してくるようになります。
もちろんそこで振り込んでしまったらそのお金は戻ってこないので、甘い言葉には騙されないようにしなければいけません。
当たり前ですがクレジットカード現金化をする際にあなたからお金を振り込ませるようなことは一切ないので、注意してください。